物事を進まない中古車

人気記事ランキング

ホーム > 生活 > 紫外線吸収剤と散乱剤の違いについて

紫外線吸収剤と散乱剤の違いについて

日焼け止めの成分の種類には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2つの成分があり、これらの成分にはそれぞれ一長一短があります。

 

「紫外線吸収剤」は、さらっとした透明な成分であるため、ローションタイプやスプレータイプの日焼け止めによく用いられ、肌に塗っても白くなりにくいという特徴があります。この成分は、紫外線を肌の上で熱エネルギーに変え、紫外線が肌に触れるのを防ぎます。ただし、肌の上で熱エネルギー変わるための化学変化を起こすので、肌が弱いひとは、かぶれを起こしやすく肌荒れの原因にもなります。

 

「紫外線散乱剤」は、金属や粘土質の粉で構成されており、肌の上で紫外線を反射にて紫外線の肌への侵入を防ぎます。このタイプは、肌荒れは起こしにくいものの塗ると白っぽくなってしまいます。

 

しかしながら、いずれの成分も、肌への負担にはなるものですので、塗った後はしっかり落とすようにしましょう。日焼け止めには飲む日焼け止めもありますので、普段使いにはそちらを用いて、海や山へ外出するときには、数値の高い塗る日焼け止めを併用するようにしても良いかもしれませんね。

紫外線についてはこちら